日帰りで出来るレーシック手術

これまで視力を回復させるためにはコンタクトレンズや眼鏡が必要でしたが、今では補助器具を必要としないことが出来るのです。
目にメスを入れると聞くとちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが日本ではまだ大きな事故は起こっていないのでご安心ください。レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

 



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2019-8-13

ダイエットには、適度な体操が必要だと知りながら
なかなか始められない人が多いのではないでしょうか?

わたくしもその中の一人でした…

体操が始められない理由として考えられるのは、
「効果が出るかどうか分からない」
「長続きしそうに無い」
「お金がかかる」
……などなど。

もし、効果が出て、楽で長続きできて、
なおかつお金のかからない体操だったら、
始めてみる価値はありそうですよね。

そこで、わたくしがお勧めしたい体操は、
スクワットなんです。

スクワットは有酸素体操であり、
さらに
ももの筋肉、お尻の筋肉、ふくらはぎの筋肉など
下半身の大きな筋肉を同時に鍛えることが出来るのです。

脂肪を燃焼するためには、
十分な酸素と燃焼させるための筋肉が必要となります。
つまり、スクワットは
この両方を兼ね備えた体操なんですね。

ダイエットのための体操と言えば
ジョギングやウォーキングなどが思い浮かぶと思います。

しかし、外に出て行かなくてはいけないので
準備が面倒だったり、天候に影響されたりで
なかなか続けられない人が多いようです。

他にも、エアロビクスやコアリズムなども
ダイエットに向いている体操ですが
DVDを買わないといけないので、
もし続けられなかったら…
なんて思っちゃうとね。

しかし、スクワットなら室内で出来ますし、
腕を振り上げられる程度のスペースがあれば十分。

さらに、準備するものは何も無く、
その場ですぐに行えるので
家事の合間などちょっとした空き時間でも
行うことが出来ますよ!

スクワットは、
忙しい主婦にもってこいの体操だと言えますよね。