手術なので確実に成功するとは限らない

これまで世界中でレーシック手術が行われていますが、ここ日本におきましてはレーシックで失明をしてしまったという報告はありません。
ただし中には思うほど視力を回復することが出来なかったという例はありますので覚えておいてください。レーシック手術を受けることによって失敗をしてしまうことはほぼありえませんが、100%失敗をしないというワケではありません。
人間の手によって手術がされている以上、ミスを引き起こしてしまうこともあるので、もしものためにいろいろと勉強をしておきましょう。レーシックによって視力を回復することに成功をした人達というのは、手術前に自分自身でしっかりと勉強をしています。
しかし感染症を引き起こしてしまったり、失敗してしまった人達は、勉強を怠っていたというデータがあるのでご注意ください。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
まずはクリニックで発生した合併症や感染症の感染率などを事前に必ず下調べをしておきましょう。
その時にレーシックを受ける候補に入っていたクリニックで発生率が高かったというデータがあれば、そのクリニックは避けるべきです。

 

 



手術なので確実に成功するとは限らないブログ:2019-11-12

一週間くらい前、
自宅で読書をしていたら、
何やら玄関の辺りで、かすかな物音がしました。

あれ?ムスメはバイトだし、
ムスコもさっき出かけたはずだけど…

部屋を出て玄関の様子をうかがうと、
玄関に見慣れぬ草履を発見!!!
発見すると同時に、恐怖に襲われました。

俺はかなりの田舎に住んでおりました。
俺の実家など、ほとんど無防備状態。
ですが、田舎ですので、見知らぬ人が道を歩いていると、
みんなが警戒をするので、泥棒騒ぎなどあったことがありません。

そんな田舎で育ったものですから、
現在も出かけるときは、戸締りをしっかりしますが、
在宅中、俺は鍵をかけないことが多いのです。

玄関に置かれている見慣れぬ草履を見ながら、
恐ろしさのあまり…

「ムスメの仲間が我が家に忘れ物をして、取りに来ているのだ」
などと、わけのわからないストーリーを作って、
自分を落ち着かせようとしておりましたが、やはり、どう考えても…

ムスメの仲間と言えども、他人様の家に上がるのに、
無言で入ってくるはずはない…ってことは…
やはり泥棒?

「誰かいるの?」と声をかけながら2階に上がろうとした瞬間、
電話が鳴りました。
とりあえず電話に出てみた…

その時に俺が思っていたのは…
もしも、泥棒だったとしても、
俺がこうして電話しているということは、俺に襲いかかっても、
電話の相手が異変を感じて助けを呼んでくれるだろう…ということ。

その時、
ドドドッッッ!!
と2階から誰かが、駆け下りてくるすごい音がして、
その後バタンッ!と、玄関のドアが閉まる音がしました。

やはり、泥棒だったようで、
誰もいないと思って侵入したら、
俺が居たので、慌てて逃げ出したようなのです。

ニンニン