まだまだ新しい技術のレーシック

「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

 



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2019-2-13

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金〜!!!

みんなが出かけて行って、やることやってホッと一息。

毎日昼寝しようかなーなんてのんきにしているけど、
お友達の誘いでウォーキングに♪

ジムとかみんなそれぞれ色々なことを結構している
ものなんですよね。

痩せたいというよりも、趣味やお友達とストレス発散で
楽しんでいたりして。

たまにラジオ体操をしたり、軽い運動はしていたり
するけど、あら?5kg太っているなんて、
気付けばそんなものですよね。

でも、お友達に難波へ行かない?と言われれば
美味しいご飯も食べたくなっちゃうし♪

午後から暇しているくらいなら、
ウォーキングしても良いかな〜とか思ってます。

間食はりんご寒天。

それよりも、やっぱり体を動かす方が良いですよね。

ゼナドリンを続けたり、
ダイエット緑茶を続けるお金があったら、
生活費に回したい私なのですが、友達と一緒に
何かをする時間もほしいし♪

室内じゃないと曇りかどうかで決まってしまうと
いうのも、続けられないし。

一週間前、家族でショッピングに出かけて、
運動不足を痛感してしまったんですよねー。

皆様も、何気ないところで痛感することって
ありません?

若いつもりでいても、若くないのねーみたいな瞬間。

なんかそんな時ってショックですよねー。


まあ、子どもも大きくなれば、自分もそれだけ年を
とっているってことなんですけど、逆らいたくなる
時があります。

気だけは若くいたいものですね。